製造部生産課(メカ)
株式会社 佐藤製作所 製造部生産課
現在の仕事内容
組立および調整(精度出し等)
※「精度出し」とは…機械は組み合わせる部品が多くなるほど、バラツキやガタが累積され、本来の動作をさせることが難しくなっていく。これを解消するには高度な知識、技術が必要であり、その技能を有する組立技術者がミクロン単位で組付・調整すること。
入社を決めた理由。又は、魅力・特徴
元々プラモデルなどの物作りが好きだったこともあり、その方向で探していました。その中でSATOは、画一的な流れ作業になるラインの仕事ではなく、専用機メーカーならではの、都度製作する物が変わり、多様な機械製作に携われる、というところに魅かれ入社を決めました。また、会社の規模も大きすぎず小さすぎず、程よい感じも決め手となりました。
10代の社員は多くはないですが先輩方はとても優しく、仕事はし易いです。職人の世界にありがちな「見て覚えろ!」ということは一切なく、一から丁寧に順番に教えてもらえます。
また、社員も外注さんも派遣さんも、分け隔てなく仕事をしているところも良いなと思います。ついこないだまで、外注さんのお一人を社員だと思っていました(笑)。
仕事のやりがい、面白さ、大変だったこと
ミクロン単位の超精密な値で精度を出せた時や、初見の図面の組立が出来た時に達成感があります。入社当初は、ネジの種類や締め方など、基本的なことも分からない状態だったので、一から教えていただきながら作業をしていました。そのため非常に時間がかかっていましたが、3年目を迎えた今、同じ作業をすると、格段に速く綺麗に組み立てることができた時に成長を感じ「面白い!」と思いました。
今後の目標
先輩方のように、初見の機械でも間違えずに一人で組み立てられるようになりたいです。今は小さいユニットから特訓しています。
応募者へのメッセージ
入社前は、10代の社員が少ないことが不安でしたが、皆さん優しく、全く問題を感じません。同じような不安がある方は安心していただいて大丈夫だと思います。
OFF TIME
読書が好きで、気に入った本は何度も読んだり、本屋に行ったりしています。他に羊毛フェルトやマフラー編みなどの手芸、UVレジンを利用したアクセサリー作り、プラモデル作りもしています。中学・高校とバドミントン部だったので、プライベートでもしたいなと思っていますが、なかなか実現していません。