開発技術部 制御技術課
株式会社 佐藤製作所 制御技術
現在の仕事内容
私は生産設備ラインの制御設計を行っています。制御設計には大きく分けてハードウェア設計とソフトウェア設計があります。

ハードウェア設計では、モーターやブレーカー・リレー等といった制御機器の選定や、CADを用いて選定したそれぞれの機器を繋ぐための配線図の作図、選定した機器を取り付ける制御盤や中継盤の作図等を行います。ソフトウェア設計では、制御装置であるPLCのラダー回路の作成や操作用のタッチパネルの画面作成、装置によってサーボモータやロボット等様々な機械の設定・制御を行います。

また、見積もり作成から客先での装置の据え付けも行うので、一つの装置の最初から最後まで関わっていくことができます。
入社を決めた理由。又は、魅力・特徴
私は「ものづくり」をするにおいて、大企業のような一つの事業や分野で設計・開発を行っていくのではなく、様々な装置に広く携わりたいと思いSATOに入社を決めました。

そんな私にとっては本配属前の研修期間がとても大きな価値あるものとなりました。私の時の研修では、①購入品・加工品の入出庫業務、②装置の組立、③装置の配線、④加工品の機械加工、⑤加工品の調達、⑥購入品の購買といった業務を約1か月ずつ行い様々な角度から「ものづくり」に関わることが出来ました。それぞれ短い期間でしたが、本配属後にも研修で学んだことが据え付け時や見積もり時等に役立っています。

この研修内容は面接時の「ものづくり」に広く携わりたいという思いが汲まれており、やりたいという気持ちが強ければやらせてもらえる機会を与えてくれる会社だと感じます。
仕事のやりがい、面白さ、大変だったこと
私は全長40m近くある大型ラインの3つある制御区画の内、1つのソフト設計を担当したことが印象に残っています。

私が設計に着手した時期は、本配属から1年が経つ頃でラダー回路やタッチパネルソフトをさわるのはほぼ初めての状態でした。右も左もわからないような状態だったため、先輩や上司にアドバイスを頂きながら設計を進めていき、何とか決められた期間内に設計を行うことができました。

装置が動いた際には、自分が設計したものでこんなにも大きなものが動いているのかととても感動しました。また装置を動かしているうちに、動作を修正しなければならないことも多々ありますが、自分が考えた通りに動作が変わっていくのを見ると制御設計の奥深さや面白さを知ることが出来ました。
株式会社 佐藤製作所 制御技術
株式会社 佐藤製作所 制御技術
今後の目標
現在は、先輩方のもとで装置の設計・開発を行っています。そのため私の当面の目標は、仕様書・見積もりの作成から設計・開発、装置の据え付けと「ものづくり」の最初から最後までを一人で担当できる技術者になることです。

目標を叶えるためにも今は目の前の仕事に全力で取り組み、少しでも早く一人前の技術者として独り立ちできるようにしていきたいです。
応募者へのメッセージ
CADやラダー回路等をさわったことがなくやっていけるか不安という人もいるかもしれませんが、SATOに限らずどの会社に入ったとしても今まで学んできたこととは違うことを仕事にしている人がほとんどです。

私も大学時はLSIや機械学習の勉強・研究をしており不安な気持ちが大きかったですが、必死に仕事をこなしていく内に新しい知識が積もっていき、現在は新しい分野に入ってきて良かったという気持ちがどんどん大きくなってきています。

だから皆さんも不安だからと足踏みするのではなく、新しい世界に一歩足を踏み出してみませんか?
その際にSATOを選んで頂ければ幸いです。一緒に仕事できることをお待ちしています。
OFF TIME
普段の休日は音楽鑑賞や読書等、家でゆっくりしていることが多いです。
最近は月一回を目標に、関西に在住している大学時代のサークル仲間と天体観測に行っています。
オフタイム